WORKS・NEWS


     HOUSE/ S 邸   




   
三重県鈴鹿市内で始まりました S様邸新築工事の着工から
   完成までの様子をご紹介します。 


2019年 3月  建設予定地

三重県鈴鹿市内、中心部に近い場所に
建っているこの建物を解体し、その跡地へ
S様邸住宅を建設します。
  2019年 3月  計画設計

まずはヒアリングを重ねながら計画案を
作り、図面と共に3D画像や模型を使って
分かりやすくいくつかの案をご提案します。
     











 
  2019年 3月~2020年 1月 実施設計

決定した計画案を元にして、細かな部分
の実施設計を進めていきます。
ショールームへのキッチンなどの設備機器
見学で、どのメーカーのどのタイプにする
のか決めていただきながら、内外装なども
確認し、見積りの出せる図面に仕上げて
いきます。
     
  2019年 6月19日 解体

実施設計を進めていくと同時に、まずは
既存の建物を解体していきます。
     
2019年 8月 8日  地盤調査

強度をポイントを決めて調査し、その調査
結果に基づいて基礎の形状や支持方法
を検討します。

この結果を踏まえ、見積図面を仕上げて
数社に見積もりを依頼、工事業者を決定し
ていきます。
  2020年 1月22日 地鎮祭

いよいよ工事が始まります。
朝からよく晴れた、この時期には珍しい
ほどの暖かな素晴らしい地鎮祭日和
となりました。

     
  地鎮祭は、土地の神様(氏神様)を鎮め、
土地を利用させてもらうことの許しを得る
意味があるとされ、建築では神を祀って
工事の無事を祈る儀式とされています。

お施主様のご意向でこの写真でのご紹介
のみとなりますが、S様のお父様、お嬢様
にもご出席いただき、地鎮祭は粛々と執り
行われました。

これから完成まで、しっかりと監理させて
いただきますので、どうぞよろしくお願い
致します!
 
     
  2020年 1月31日 地盤補強
              柱状改良


今回の地盤補強方法は砕石杭打設という、
砕いた石で支える柱状改良方法で、始めに
杭芯の場所を確認し、続いて土質の確認、
砕石杭を打設する深さまで掘削し、砕石を
打設します。
 
  手前の砕石が盛り上がった部分が、今回
打設した部分です。
2.5mの深さまで、全体で32本の砕石杭を
打設していきます。
     





   
どうぞ続きをお楽しみに♪

  
 



Copyright(c)2004 plus design office All rights reserved