WORKS・NEWS


     HOUSE/ S 邸   




   
三重県鈴鹿市内で始まりました S様邸新築工事の着工から
   完成までの様子をご紹介します。 


2019年 3月  建設予定地

三重県鈴鹿市内、中心部に近い場所に
建っているこの建物を解体し、その跡地へ
S様邸住宅を建設します。
  2019年 3月  計画設計

まずはヒアリングを重ねながら計画案を
作り、図面と共に3D画像や模型を使って
分かりやすくいくつかの案をご提案します。
     











 
  2019年 3月~2020年 1月 実施設計

決定した計画案を元にして、細かな部分
の実施設計を進めていきます。
ショールームへのキッチンなどの設備機器
見学で、どのメーカーのどのタイプにする
のか決めていただきながら、内外装なども
確認し、見積りの出せる図面に仕上げて
いきます。
     
  2019年 6月19日 解体

実施設計を進めていくと同時に、まずは
既存の建物を解体していきます。
     
2019年 8月 8日  地盤調査

強度をポイントを決めて調査し、その調査
結果に基づいて基礎の形状や支持方法
を検討します。

この結果を踏まえ、見積図面を仕上げて
数社に見積もりを依頼、工事業者を決定し
ていきます。
  2020年 1月22日 地鎮祭

いよいよ工事が始まります。
朝からよく晴れた、この時期には珍しい
ほどの暖かな素晴らしい地鎮祭日和
となりました。

     
  地鎮祭は、土地の神様(氏神様)を鎮め、
土地を利用させてもらうことの許しを得る
意味があるとされ、建築では神を祀って
工事の無事を祈る儀式とされています。

お施主様のご意向でこの写真でのご紹介
のみとなりますが、S様のお父様、お嬢様
にもご出席いただき、地鎮祭は粛々と執り
行われました。

これから完成まで、しっかりと監理させて
いただきますので、どうぞよろしくお願い
致します!
 
     
  2020年 1月31日 地盤補強
              柱状改良


今回の地盤補強方法は砕石杭打設という、
砕いた石で支える柱状改良方法で、始めに
杭芯の場所を確認し、続いて土質の確認、
砕石杭を打設する深さまで掘削し、砕石を
打設します。
 
  手前の砕石が盛り上がった部分が、今回
打設した部分です。
2.5mの深さまで、全体で32本の砕石杭を
打設していきます。
     
    2020年 2月10日  床掘り 確認

基礎のコンクリートが打設できるよう、
根切り底(基礎の底にあたる部分)を
掘る「床掘り」の作業の確認を行いました。
 
     
   お雛様飾り

Sさんのお宅に飾ってあった木目込みの
お雛様飾り。
ふくよかなお顔がなんとも可愛らしくて、
思わず写真を撮らせてもらいました♪
     
    2020年 2月19日  基礎配筋検査

基礎コンクリートを打つ前に設計通りに
鉄筋が入っているかの基礎配筋検査で、
一箇所ずつ丁寧に確認していきます。
 
     
  配筋の全景です。
     
  2020年 2月20日  木材検査

プレカット工場にて、設計に記されて
いる材木が揃えられているか、品質は
どうかなどを大工さんや監督も一緒に
細かく見て、品質の良くない木材が
あれば、交換を指示します。
 
     
  写真は土台桧の含水率を計っている
ところです。
含水率の他にも、反り、曲がり、割れなど
細かくチエックしていきます
     
  2020年 2月28日  立上がり型枠検査

基礎の立上り部分の型枠の検査です。
図面通りのかぶり厚になっているかどうか
すべての場所を確認します。
     
  基礎の立上り部分型枠検査の全景です。
     
  2020年 3月 9日  建て方準備

建て方に向けて朝から足場を組んで
いきます。
予定では明日10日が建て方でしたが、
天気予報は残念ながら雨模様・・・。
そこで11日に順延して行うことになり
ました。
11日は良いお天気になりますように・・・。
     
  2020年 3月11日 建て方

朝から晴れ渡り、絶好の建て方日和に
なりました!

こちらは東側道路面のアトリエ玄関側
の様子です。
 
     
  こちらは西側から見た様子です。
2階の住居部分には、こちら側から
外階段で上がって行きます。
 
     
  夕方5時前には柱や梁など家の骨組みが
出来上がり、屋根下地材まで完了した時点
でお施主さんご家族と棟梁、工務店さんと
一緒に「上棟式」を執り行いました。

まずは建物の四隅の柱にお神酒、塩を撒き
清めます。
 
     
    地鎮祭の時に頂いたお札を入れた器は、
そのまま天井裏に飾れるよう、上棟の
おめでたい日にあわせてご主人が作られ
た記念のものです!

この建物に関わっている私どもの名前も
入れていただいて、感激です♪
 
     
  棟梁、監督に続き、まずはご主人から、
建物の守護神と匠の神を祀り、棟上げ
まで工事が終了したことへの感謝と、
建物が無事完成することを祈願して
お参りを致しました。
     
  最後にみんなで記念写真を撮り、無事
上棟式が終了しました。

上棟式を迎えることは、ほっとすると共に
完成までしっかりと監理をさせて頂くと、
改めて気持ちが引き締まるものです。

Sさん、完成までどうぞよろしくお願い
致します!
 
     
  2020年 3月13日 造作

屋根の下地材をしっかりと貼って頂き、
その上から屋根を葺いていきます。
たくさんの職人さんに入ってもらい、
外壁下地材も今日で貼り終わりです。
 
     
  2020年 3月18日 建て方検査

立ち上がった段階で、柱・梁等の寸法が
図面通りか、傾きは無いかなどを、くわし
く検査します。
写真は、建物が歪まないように補強する
「筋交い」と間柱の固定に用いる筋交い
金物の確認をしている様子です。
 
     
  1階倉庫部分の内部です。
     
   外壁下地防水シート検査

サッシが付き、防水シートが貼られた
状態で、シートがしっかりと細かい部分
まで貼られているかを検査しました。
   
     
  防水シートが貼られた状態の全景です。
     
     
     



   
どうぞ続きをお楽しみに♪

  
 



Copyright(c)2004 plus design office All rights reserved