WORKS・NEWS


       HOUSE/ F 邸   



                    多気郡内で始まりました F様邸新築工事の
                  着工から完成までの様子をご紹介します。
 
     



2018年 7月10日  建設地

多気郡内に広がる柿畑の近くにある
日当たり、風通しとも最高の敷地に
建てられる F様邸です。
2018年 7月~2018年12月 計画

広い敷地を活かした平屋での計画を
ご提案することになり、漠然として
いてよく分からないと言われるFさん
に、まずはどんな部屋が欲しいか、
広さはどれくらいかなど大体の
イメージをお聴きし、1回目の計画案
を図面・模型・スケッチアップ画像等
を使ってご提案しました。
計画案が出たことで、Fさんご夫妻の
こんな感じにしたいというイメージも
膨らみ、玄関や水回りの配置などを
何回も変更してご提案し、基本となる
案を決めていきました。





         





2018年12月~2019年 2月 
           実施設計


計画案が決まったところで、それを
元に実施設計に入っていきます。
図面を進めるのと平行してキッチン、
浴室、洗面などの設備を一緒に見て
頂き、各メーカーの特徴や価格などを
比べて選んで貰いました。
外壁や内装仕上げをどのような材質で
するか、カタログだけでなくサンプル
を実際に見て決めて頂き、見積りが
出せるよう実施図面をまとめます。
数社から見積りを取り、金額を見て
から予算に合うように修正を掛け、
最終的に業者を決定します。
     
  2019年 1月28日 地盤調査

実施設計を進めていく中で、地盤の
強度を測定する地盤調査を行ない
ました。
建物を建てる位置でポイントを決めて
調査し、その結果に基づいて基礎の
形状や支持方法を検討しますが、
今回は、地盤改良不要の安定した
地盤という結果が出ましたので、
地盤改良は行なわず進めていきます。
     
2019年 5月22日 造成工事①

建設工事を始める前に造成工事を
行ないます。
     
2019年 5月29日 造成工事②

今回は敷地を3つに分割し、中央の
敷地に建設、前後の敷地は畑として
利用できるようにしておきます。
   
  2019年 7月23日 造成工事③

今年はとにかく雨が多く、なかなか
造成が進みませんが、ここへきて
やっと梅雨明けも近くなり、蒸し暑い
中、業者さんに急ピッチで作業を進め
てもらっています。

地鎮祭の日取りも8月23日金曜日の
大安に決定、いよいよ工事が始まり
ます!
     
  2019年 7月31日 造成工事完了

このところのお天気続きで、造成工事
も無事に完成しました!
かなり広い敷地を3つに分割して、
中央の敷地に建設します。
業者さん、酷暑の中お疲れ様でした!
 
     
        2019年 8月23日 地鎮祭

「地鎮祭」には、土地の神様(氏神
様)を鎮め、土地を利用させてもらう
ことの許しを得る意味があるとされ、
建築では神を祀って工事の無事を
祈る儀式とされています。
     
  地鎮祭が執り行われたこの日、朝から
雨が降っていましたが、実は地鎮祭の
雨は、有名なことわざの「雨降って
地固まる」や、雨が降ることを振り
込むととらえ、「幸せが振り込む」
などと言われ、とても縁起の良い
ものなのです。
     
  いよいよこれから工事が始まります。
完成までしっかりと監理させていただ
きますので、どうぞよろしくお願い
致します!
     
   2019年 9月 3日 床付け検査 

「床付け」とは基礎のコンクリートが
打設できるよう、根切り底(基礎の底
にあたる部分)を所定の深さに平坦
に押し固める作業(転圧)のことです。
それがしっかりとなされているか、
検査をします。
この後、砂利を敷き詰めさらに転圧
します。
     
  このような機械によって、しっかりと
転圧していきます。
     
  2019年 9月 6日 基礎ベース
            配筋検査


基礎ベースを打つため、配筋を
組上げます。
その配筋が図面通りになっている
かを検査しました。
 
     
  2019年 9月10日 立上がり
            型枠検査


基礎の立上り部分の型枠の検査
を行ないました。
この後、コンクリート打設を行い
ます。
     
  2019年 9月17日 基礎防湿
            シート検査


基礎のコンクリートを打設する準備
として、防湿フィルムを敷き詰めます。

防湿フィルムを敷き詰めることで、
床下からの湿気が上がってくるのを
防ぐことができ、木材の腐りを防ぎ、
シロアリの予防に対しても効果的で
す。
 
    防湿フィルムがしっかりと敷設して
いるかどうかを検査します。
 
  2019年 9月19日 土間配筋検査

土間コンクリートを打つ前に、設計
通りに鉄筋が入っているかを検査
しました。
     
  配筋が組みあがった状態の全景です。
     
  2019年10月 4日 材木検査

プレカット工場で、設計に記されている
材木が揃えられているか、品質は良い
かなどを細かくチエックし、良くない木材
があった場合は、交換の指示を出します。
 
     
  桧の4寸化粧柱の木材に含まれる水分
含水率を確認している様子です。
含水率16.1%という、しっかりと乾燥され
た木材でした。
しっかり乾燥された木材を使うことで、
施行後の狂いが少ないことや、木材の
強度性能が高くなったり、腐れを防ぎ
やすくなります。
   
  品質、含水率共に良い木材でしたので、
確認の写真を撮っているところです。
 
     
  こちらは化粧柱の品質確認後、どの材を
どの場所に使うかを決めていく、番付を
しているところです。
 
     
  これは通し柱の品質を1本1本確認して
いるところです。
     
  監督と大工さん、そして今回お世話に
なった材木屋さんです。
地元松阪の良い木材を入れてくださり、
ありがとうございました!
     
  2019年10月 4日 基礎脱型検査

基礎の型枠を外したところで、基礎が
図面通りに仕上がっているかを確認
しました。
     
  基礎の型枠を外した全景です。

次はいよいよ10月16日に建て方と
なります!
     
  2019年10月15日 建て方準備

三重県内でもかなり被害の出た
台風19号でしたが、おかげさまで
現場に被害は無く、明日16日の
建て方準備も進んでいます。
     
  玄関側から見た全体の様子です。
明日はお天気も良い予報ですので、
皆さん、よろしくお願いします!
     
     
     
     
     


    
どうぞ続きをお楽しみに♪


  
   
  

 

Copyright(c)2004 plus design office All rights reserved