WORKS・NEWS


         HOUSE/ K 邸   




   
伊勢市内で始まりました K様邸新築工事の
   着工から完成までの様子をご紹介します。 


2018年 4月  建設予定地

K様邸は伊勢市内の現在お住まいの
お宅を解体し、その跡地に鉄骨造の
2階建てを建設します。

最初のお話から工事開始まで時間が
経っておりますので、昨年まで時間を
遡ってのご紹介からになりますが、
どうぞご覧ください。
  K様邸で特記すべきは、この魚たち!!!
現在、4mの大水槽に鯉やニジマス、
チョウザメやうなぎなど大きな魚が
元気に泳ぎ回っています。
リビングでゆったりとこの子たちを
眺めて過ごしたい!というのがKさん
一番のご希望です。
     
  2018年 4月~2018年 6月
          計画設計


ヒアリングを重ねながら計画案を
つくっていきます。
図面の他に平面を重ねた模型や、
3Dのスケッチなどを使って建物を
立体的なイメージで感じてもらうと
共に、両隣の建物との位置関係
なども見ていただきました。
※プライバシー保護の為ボカシを
入れてあります。
     









 
  2018年 6月~ 
          実施設計


計画案を元にして、新しくご要望と
して出てきた部分など、細かな部分
の設計を打合せを重ねながら進めて
いきます。
同時にショールームへ同行しトイレ
などの設備機器を見て回ったり、
内外装の仕上げやサッシの種類、
ガラスの仕様など、サンプルを
お見せしながら、見積りに出せるよう
図面を仕上げていきます。
     
  2018年 7月~ 水槽変更! 

設計を進めていく上で、現在の水槽
から円形の水槽に替えたいんです・・・
とKさんからお話がありました。
それも、直径3mの大水槽!
円形の大水槽がLDKの中でうまく
活かされるよう、急遽設計を変更、
新しい案をご提案し、こちらの案で
進めていくことになりました。
     
  2018年 8月   実施設計 続き

設計を進める中で、現在お住まいの
家で使える材、新しい家でも飾りたい
ものなど、ひとつひとつサイズを確認
して、図面に反映していきます。
     
  2018年 9月~  設計・見積り

打合せを重ねて図面を完成させ、
見積りを依頼する中で、解体業者
にも見積りを出してもらい、選定を
行ないました。

ここで、伊勢市では地震で倒壊の
恐れのある建物の解体に補助金が
出ることを聞き、市役所に問い合わ
せてKさんに申請を進めていただく
ことになりました。
※各自治体で同様の取り組みがあり、
家の解体をお考えの方は、条件等
一度確認されるといいですね。
 
     
  2019年 2月 7日  解体① 開始

当初の計画からは遅くなりましたが、
2月に入り解体工事が始まりました。
隣家にご迷惑が掛からないように、
しっかりと養生をしてから慎重に
作業に取り掛かってもらいました。
     
  2019年 2月12日  解体② 続き

家の半分程の解体が進んでいました。
解体・整地が終了するのは月末くらい
になりそうです。
     
  2019年 2月19日  解体③ 続き

解体開始から二十日程経った現場の
全景です。
     
  朝からまとまった雨の降る中、作業を
進めてもらっています。
解体は建物の一番奥の壁を壊すところ
まで進んできています。
     
  2019年 2月21日  解体終了

解体が終了し、養生シート用足場を
外していきます。
     
  2019年 2月25日  整地

地盤面を均し、整地が完了しました。
     
  2019年 2月26日  地盤調査

地盤の強度を建物図面を元にポイント
を決めて調査し、その調査結果をみて
地盤改良の有無や支持方法を検討
していきます。
     
  地盤調査に立ち会って頂いた Kさん。
業者さんから調査内容の説明を
受けながら作業の様子を見て頂き、
最後は所長と一緒に記念写真を
撮ってもらいました。
     
  2019年 3月 4日  水槽!

途中で変更になった円形水槽の
写真を送ってもらいました!
鉄製の台に置かれた、360゜楽しめる
直径3mの大きな水槽です。
これがどれくらい大きいかというと・・・
   
  2019年 4月 4日  水槽!②

大人がふたり入ってこんな感じ・・・。
とにかく大きいです!

これをうまく納める為の搬入方法等の
打ち合わせなどは、今後打合せをして
いきます。
     

 






  2019年 5月~7月  確認申請 
            三者打ち合わせ

この間で確認申請を提出、施主の
Kさんご夫妻と業者とうちの三者で、
これからの工程や、詳細についての
打ち合わせをし、地鎮祭の日取りを
8月29日大安に決定しました。
いよいよ工事が始まります!
 
     
  2019年 8月29日  地鎮祭

前日まで降っていた雨も上がり、
素晴らしい地鎮祭日和となりました。

Kさんからは、ホームページへの
お顔の掲載の承諾もいただいて
おりますので、地鎮祭を少し詳しく
ご紹介させていただきますね。
 
     
  「地鎮祭」には、土地の神様(氏神
様)を鎮め、土地を利用させてもらう
ことの許しを得る意味があるとされ、
建築では神を祀って工事の無事を
祈る儀式とされています。
 
     
  K様ご家族、ご両親をはじめ、工事
関係者の参列で、地鎮祭式次第に
よって、粛々と進められていきます。
     
  地鎮祭の中の祓いの行事「四方
祓い」の様子です。
これは、土地四隅をお祓いし清める
儀式で、神主さんが半紙と麻を切っ
て作られた切麻(きりぬさ)を撒かれ
ました。
 
     
  こちらは起工の行事の中の「刈初
(かりそめ)」の儀の様子です。
施主であるKさんが草を刈り、
その後「穿初(うがちぞめ)」の儀
として工事業者さんが地を穿つ
(掘る)所作をおこない、神様に
工事の開始を奉告します。
 
     
  施主であるKさんから、神前に玉串
を奉り拝礼して頂きます。
  
   
  次にKさんの奥様に玉串を奉り
拝礼して頂き、続いてご両親、
参列者皆様で同じように玉串を
奉り拝礼して頂きました。

 
     
  地鎮祭の後、直会(なおらい)
の儀として、地鎮祭に参加した
人たちが神様に供えたお神酒を
頂きました。
これは神霊との結びつきを強くし、
神霊の力を分けてもらい、その
加護を期待するという意味が
あるとされています。
     
  最後には無事地鎮祭がとり行わ
れた記念の写真を撮りました。
地鎮祭の間、ずっと静かにして
いたお子さんは、お家ではもっと
元気だとか。
しっかりと地鎮祭に参加してくれて
いたんですね。

Kさん、完成までしっかりと監理
させて頂きますので、どうぞ
よろしくお願い致します!
 
   
  2019年 9月 5日 カラースキム

外壁や屋根、サッシや階段など、
実際の色を決めていきます。
3D画面で候補色の組み合わせを
何通りもつくり、イメージを固めて
頂きながら、実際に塗りサンプル
もいくつか業者さんに作ってもらい、
最終的に決定していきます。
   
  2019年10月15日 基礎配筋

基礎配筋を組んでいきます。

全国的に甚大な被害をもたらした
大型の台風が三重県伊勢市でも
猛威を振るい、かなりの豪雨が
市内全域に降りました。
現場では深く掘り下げている為に
水が溜まらないように、夜を徹して
排水作業を行ってもらったそうです。
監督、ありがとうございました!
     
  2019年10月23日 配筋検査

基礎の鉄筋が組みあがりました。
この段階で配筋検査を行ないます。
全体を細かく確認している様子です。
 
     
  設計通りに鉄筋が組まれているか
確認する、配筋検査の様子です。
  
     
  2019年10月30日 コンクリート打設

基礎コンクリート打設の様子です。
     
     
     





   
どうぞ続きをお楽しみに♪


  
 



Copyright(c)2004 plus design office All rights reserved