WORKS・NEWS


      HOUSE/M邸    



松阪市内M様邸改装工事の着工から
完成までの様子をご紹介します。 



  2017年12月 現況① 玄関

M様邸は築38年の和風住宅で、玄関、
洋室、LDKの大掛かりな改装工事と
なります。

お手入れが行き届いているM様邸ですが、
家の中心にある普段使わない二間続きの
和室や、北側に設けられた台所、家族が
くつろげる本当の意味での居間が無い・・・。
昔のお家に共通する使い勝手の不便さを
解消し、1年を通して快適に過ごしていただく
ための改装をしていきます。

     
   現況② 玄関ホールから和室

広くて立派な玄関で、二間続きの和室
へはここから出入りしています。
玄関にはクロークを設け、靴等の収納
などをすっきりさせます。
     
   現況③ 玄関ホール

玄関ホール正面です。
階段はそのまま残しておきます。
正面の坪庭は飾り砂のお手入れが
大変ということで、別の形で飾れる
スペースにします。
     
   現況④ 和室

6帖と8帖の二間続きの和室です。
手前の和室を縁までを含めての広い
リビングに変えていきます。
     
   現況⑤ 和室 

和室を奥から見たところです。
欄間も取り除き、写真の畳1帖分手前に
ずらして6帖の和室とし、リビング部分を
広く取ります。
     
   現況⑤ 和室 

襖の奥にある部屋を中庭に変え、光と風を
取り込めるようにしていきます。
     
   現況⑥ ダイニング 

北側にあるダイニングキッチンは、中庭を
設けることで開放感と風通しを良くし、
床暖房で足元から温かくしていきます。
     
   現況⑤ キッチン 

対面式のキッチンで、台所に立つのが
楽しくなるような空間をつくっていきます。
     
   現況⑤ リビング 

既存のリビングはクローゼット付きの
寝室となります。
     
   2018年 1月~ 計画・実施設計

ご要望をしっかりとお聞きしながら
計画からはじめていきます。
ご要望は暖かく居心地の良い家。
まずはいくつかの異なったプランを
図面と3D画像でご提案し、イメージを
作ってもらってから案をひとつに絞って
実施設計に入っていきます。
図面の完成後、見積りを取って業者と
工事契約を交わし、工事に掛かります。
     
  2018年 6月30日  解体打ち合わせ

改装ですので、どこまで壊してどこを
残すか、現場監督や解体、電気、大工の
皆さんに立ち会ってもらい、一部屋ごとに
確認していきました。
また、住んで貰いながらの工事となります
ので、工事を一期二期に分けてできるだけ
ご不便の無いように進めていけるよう、
工程の説明もさせてもらいました。
     
  解体は7月中旬から入りますが、すでに
家具等を移動して頂いていました。
この和室は屋根を抜いて中庭に変えて
いきます。
     
  2018年 7月18日  解体・養生

明後日から解体業者さんによる解体が
始まるということで、その前に電気業者さん、
大工さんに入ってもらい、照明器具の
取り外しや電源切り離し、各部屋の養生を
してもらいます。
     
  階段を含め2階は改装しないということで、
埃が上がらないようにしっかりとシートで
蓋をしてもらいました。
     
  写真左手の和室は8帖から6帖装になり
ますが、仏壇や収納はそのままですので
ここもしっかりと養生しておきます。
右手奥は中庭になる部分です。
     
  今回、キッチン部分は2期工事になります
ので、埃が入らないように板を打ちつけ、
養生をしておきます。
     
  既存リビングも照明器具を取り外し、解体
できるようにしておきます。
     
  2018年 7月20日  解体

本格的な解体が始まりました。
まずは壁を落としていきます。
     
  所長の立っているところは天井も抜いて
中庭に変えていきます。
     
  和室からリビング、玄関方向を見たところ
です。
     
  2018年 7月21日  解体 2日目

解体の際に出た土壁等も運び出され
ました。
     
  奥の和室は8帖から6帖に縮め、リビング
部分を広くとります。
     
  2018年 7月24日  解体 3日目

床が剥がされ、基礎の束石が現れました。
この部分がリビングになります。
 
     
  リビングから中庭、玄関方向を見たところ
です。
改装工事の場合、壁や床をめくってみて
初めて分かる部分もありますので、
この日も監督さん、棟梁さんと一緒に
図面と現場を照らし合わせながら細かく
確認していきます。
     
  玄関右手の寝室になる部屋です。
     
  2018年 8月 3日  造作

既存のコンクリート束石がしっかり施工
してあったので、このまま使うことに
なりました。
その上にプラスチックの束を固定し、
床の土台となる大引きを渡していきます。
     
  こちらの玄関ホールの部分も同じように
していきます。
     
  和室の部分も同じように基礎はそのまま
使い、手前のリビングと中庭の部分には
土間コンクリートを打設します。
     
  2018年 8月 4日  造作

床下地材が敷かれた寝室の様子です。
     
    玄関ホール部分にも床下地材が敷かれ、
階段下までフラットになりました。
     
  リビングと中庭に土間コンクリートを
打設しました。
ここはコンクリートの上に鋼製束を
固定し、大引きを渡して床をつくります。
     
  2018年 8月 8日  造作

土間コンクリートの上に鋼製束が
固定され、大引きが渡されたところ
です。
中央の空いている部分は堀座卓の
部分で、土間コンクリートも1段
下がっています。
 
     
  こちらは中庭部分で土間コンクリートを
打設するための鉄筋が組まれたところ
です。
 
     
  床からの高さを確認しながら、天井高を
決めていきます。
     
  2018年 8月10日  堀座卓の天板

銘木屋さんで堀座卓の天板にする材を
見せてもらいました。
マコーレ(洋桜)という、7m以上ある
立派な材でした。
     
  幅が1m、長さが2.5mのかなり大きな
天板となりますので、2.5mを2枚とり、
アクセントも兼ねてウエンジという材を
間に挟んで幅1mに仕上げてもらいます。
     
  2018年 8月11日  堀座卓の天板②

昨日見た堀座卓の天板用のマコーレを
2枚に切ってもらい、右にある細めの材、
ウエンジを挟んで1枚にしてもらうのに、
板の向きを確認してきました。
 
     
  床下地材が貼られ、リビングの中央には
堀座卓の穴が開いています。
現場を確認してくれているのは、Mさんの
愛犬のリンちゃんです♪
人懐こい可愛い子で、現場の皆さんにも
可愛がられています。
 
     
  2018年 8月17日  造作

寝室の天井工事の様子です。 
     
  監督、電気屋さんと照明の配線や
コンセントなどの最終確認をして
電気工事を進めてもらいます。
 
     
  堀座卓の中も下地材が貼られました。
この中も床暖房をします。
     
  2018年 8月20日  造作

リビングの天井が張られました。
出す予定の梁3本のサイズが違い、
出方が不揃いになってしまいました。
そこで、このままの梁を活かし塗装
するか、板で覆ってクロスで仕上げるか、
Mさんに検討して頂くことにします。
     
  中庭の外壁下地材が張り終りました。
サッシを入れた後、天候をみながら
天井を抜いてもらいます。
  
     
  寝室の天井下地材が張られました。
壁やクローゼット部分も下地材を
張っていくための下作業を進めて
いきます。
  
     
  2018年 8月27日  造作・床暖房

リビングの床暖房設置の様子です。
腰掛けた時温かいように、堀り下げた
部分の際まで、そして下ろした足元の
部分までパネルを入れてもらいました。
     
  リビングから玄関ホール側を見た
ところです。
梁は新しく形を作り、クロスで巻いて
仕上げることになりました。
     
  サッシが入り、天井を抜いて貰いました。
室内がかなり明るくなります!
     
  寝室の壁は元々の土壁のままにして
おきますが、隙間風などの対策として、
壁下地材を貼る前に専用のシートで
覆っておきます。
  
     
  玄関ホールからリビング、和室方向を
見たところです。
左手壁の所へクロークを設けます。
     
    堀座卓 天板

お願いしてあった堀座卓の天板が
出来上がってきました!
マコーレ材(洋桜)2枚の間にウエンジ材
を挟み込んで、幅1mに仕上げてあり、
この後塗装をして完成です。
     
  2018年 9月 3日  中庭・断熱材

中庭の外壁面には防水シートを貼り、
壁の中には断熱材をしっかりと入れて
いきます。
     
  中庭部分の上を見たところです。
     
  リビングの床が張られ、堀座卓の中も
床暖房パネルの上を同じ材で張って
いきます。
堀座卓の机部分は、取り外して板を渡し
フラットの床に出来るようにしておきます。
     
  玄関のクローク部分の造作です。
玄関扉の袖壁部分程の広さのクローク
になりますが、ここが出来ると玄関の
印象ががらっと変わってくると思います。
出来上がりが楽しみです!
     
  寝室のクローゼット内部が出来ました。 
     
  2018年 9月 5日  造作

中庭の外壁工事が始まりました。
四面のうち、一面にはポイントとなる
色・模様のものを張り、あとの三面は
暗くならないように明るい色にします。
     
  壁の下地材を下から張り進めている
寝室の様子です。
     
  玄関のクロークの奥行きを図面より
少し広く取るということで、仕上げの
納まりについて、棟梁と細かく打合せ
をして進めてもらいます。
     
    2018年 9月 7日  中庭・壁

中庭の壁が張られました。
ダイニング側から見た正面の位置に
あたる一面は、石目調のチタンブラック色
で張り上げました。
     
 
2018年 9月13日  玄関クローク

玄関クロークの枠組が出来上がりました。
     
  2018年 9月20日  玄関クローク

クローク部分に壁下地材が張られ、
内部には棚を作っていきます。
     
  リビングの造作は収納を残すのみと
なりました。
この後二期工事のダイニングキッチンへ
取り掛かっていきます。
リビング、玄関ホール、寝室の仕上げは
ダイニングキッチンと一緒に最後にする
ことで、作業場所として使わせて貰います。
     
  2018年10月 1日  寝室

造作が完了した寝室内部です。
仕上げはダイニングキッチンの造作の
終了後、合わせて行ないます。
     
  クロークの内部に可動棚が取り付け
られました。
     
  リビングから中庭、その先のダイニング
方向を見たところです。

そこを進んで行くと・・・
     
    明るい通路を通って奥へ進みます。
中庭を設けたことで、本来なら暗くなって
しまう北側にあるダイニングキッチンにも
明るい光と風が入ります。

突き当りを曲がって振り向くと・・・
     
  以前は暗い廊下だったのですが、ここにも
中庭からの光が入り、日中は照明不要の
明るい廊下になりました。
     
  ダイニング付近から振り返ってリビング
方向を見たところです。
南面のおおきな開口部と中庭で、とても
明るく、風通しの良い空間になっています。
     
  2018年10月 9日  リビング

仕上げを残すのみとなったリビングです。
縁をリビングの一部とすることで、大きな
ガラス窓が活かされ、リビングへ明るい
日差しが入ります。
 
     
  中庭横の通路からダイニングキッチンを
見たところです。
 
     
    2018年10月15日 ダイニングキッチン

床・壁・天井を剥がし、床を支える大引きを
新しく組んだところです。
     
  ダイニングから通路、中庭を通して
リビングを見たところです。
中庭を設けたことで、家の中心がかなり
明るく、爽やかな風が抜けていきます。
     
  2018年10月17日 ダイニングキッチン

床下地材が敷かれ、天井を組んで
いきます。
     
  2018年10月23日 ダイニングキッチン

電気の配線をした後、壁をめくってみて
わかったところをより良い形に変更する
ために、棟梁と細部の打合せを十分に
していきます。
     
     
     
     





続きをどうぞお楽しみに♪


  
  
 



Copyright(c)2004 plus design office All rights reserved